♯その日の気分

♪ お気楽・徒然・心のままに ♪

11.22 私の心は濁っているようです。

 

私の心は

どうも濁っているようであります。

f:id:k1nta:20221122194120j:image

ツイッターで見かけたこの短い動画、

それを見ながら

自分の中で想像していた結末(兄が食べておしまい。我慢する心優しい妹)と、

実際の動画の結末が違っていたのです。

 

自分の中の「想像」とは、

今現在の心持ちから生まれてくるそうな。

 

あぁ…、

私の心は、

どうも濁っているようです。

 

とっても素敵な心の兄と妹。

そして、ここには映っておりませんが、

この子たちのご両親の普段の姿も見えるようであります。

 

折しも今日は、11/22。

いい夫婦の日とか。

 

子どもの深層部の感覚は、

親が鏡です。

 

 

(つぶやき)

小3の1号、国語で「短歌」をやっているようであり、夜の音読はその短歌の単元を読んでおりました。それを聞きながら、私も一首詠んでみたのです。「父ちゃんの おならは臭い 最高に その勢いは すすきも揺らす」(一応、季節を感じる言葉も入れ込みました)これを1号が声高らかに読みあげた時、一同大爆笑であります。

11.19 「メルカリ」さんにありがとう。

 

中学時代の「技術」を

ちゃんとやっておけばよかったなぁ…と、

そんなことを思う一日でありました。

f:id:k1nta:20221119164330j:image

中古で購入したBOSEのスピーカーに  

おまけ程度で付いてきた小さなアンプ。

こんなに小さくて音が出るのだろうか…と思っていると、

何やらカタカタと小さな部品が中で踊っているようなのです。

 

ということで、

精密ドライバーを用意し、

本日、思い切っての分解と相成った次第です。

 

それにしても、「道具」って大切ですね。

「したい」を叶えてくれますものね。

f:id:k1nta:20221119175204j:image

更に思うことは、

今回のスピーカーや工具をはじめ、

どんな物でも居ながらにして手元に届くということ。

世の中、本当に便利になったものです。

 

遥か昔、私が若い頃には、

音楽機材や部品を物色しに、秋葉原の電気街をうろうろしたものなのですが。

 

それもこれも「メルカリ」さんのお陰。

 

残るは「スピーカーセレクター」という機材の調達です。

1台のアンプで、4つのスピーカーを鳴らしたいものですから。

ですので、もう少々、

メルカリさんと仲良くする日々が続きそうです。

 

(つぶやき)

コロナワクチンの4回目、昨日、おふくろと共に接種してきましたが、おふくろは私以上に副反応がないのです。と言いますか、皆無。凄すぎる高齢者です。笑

あっ、本日解体したアンプのこと、あんな小さなものなのに、想像以上の音を鳴らしてくれたのです。なんか嬉しくなってしまいます。

f:id:k1nta:20221119195333j:image

11.13 「大義」孫と祖母と抱擁

 

ロシアによるウクライナ侵攻、

昨日、ヘルソンという州都の町が解放されたとのニュースを目にしました。

そして、ツイッター上にはこんな映像も。

f:id:k1nta:20221113201252j:image

その動画には、こんなコメントも付いています。

Grandmother in Kherson meets her grandson-liberator on her knees. To tears...

(ヘルソンの祖母は、ひざまずいて孫の解放者に会います。 涙に…。)

 

ある日突然、外国の軍隊が町にやってきて、

我が物顔で好き放題の蛮行を繰り返す。

略奪、暴行、虐殺もあったとの報道もあります。

 

その間の8ヶ月の恐怖、怯えた暮らし。

 

そんな中、やっと祖国の軍隊がこの町にやってきてこの町を取り戻す。

そして、その軍隊と共に孫もやってきた。

 

10秒にも満たない短い動画ではあるのですが、

多くのことを想像し、

胸にぐっと来るものがあったのです。

 

歴史上のことや

いろいろな考え方はあるにせよ、

あの国のとった「方法」は決定的に間違っているし、

この間してきた人道を逸した「行為」は、

決して許されるものではなく、

いつかきっちりと裁かれなければならないものだと思っています。

 

ウクライナの人たちに、

一日も早い平和と穏やかな暮らしが戻ることを、心から願います。

 

【ヘルソン市奪還】「幸せで体震える」恐怖に耐えた市民…尽きない恐怖(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

 

(つぶやき)

大義」という言葉があります。ウクライナの兵隊さんたちの大義は「守る」。それは、この国の人、この国の暮らし、この国の領土、そして、この国そのものを守るといったようなものかと思いますが、動画を観て、心の根底に流れている一番のものは、家族だったり大切な人を守るといったような「小さな幸せを守る」ことなのではないかと、そんなことを思いますし、きっとこのお婆ちゃんは孫の無事が何より嬉しかったのではないかと、そんなことも思います。大義があると人は強くなる。(心的、精神的に)ですので、ウクライナの兵隊さんの士気はものすごく高いと言われています。この「大義」という価値観や考え方、最近の日本では、「場当たり的」とか「日和見」といった言葉は耳にすれ、政治でも行政でも会社や組織でも、とんと見受けられなくなったような気がしているのは私だけでしょうか。少々悲しくなってしまいますが。。「大義」、別の言い方をすれば「理念」とでもなりましょうか。

11.6 人が思う幸せや贅沢

 

人が思う「幸せ」や「贅沢」には

趣味、旅行、グルメなどなど、

人それぞれあるのだと思いますが、

 

私、「光」と「眺望」と「空間」に決めたのです。

 

f:id:k1nta:20221106113521j:image

f:id:k1nta:20221106113639j:image

f:id:k1nta:20221106113419j:image

風光明媚な観光地のような景色ではないのですが、

山も海も青空も雲も、

毎日、大きな窓越しにこんな風景を眺めながら、

広い空間でゆったりと過ごせたら幸せだろうな…と、

そんなことを思ったのです。

勿論、広々空間で、音楽も作りますしね。

 

図らずも、それを叶えてくれることになったのは、

今は、若き社長、若き設計士、若き棟梁となった30年以上も前の教え子たち。

 

あの時のあの子たちに、

こんなふうに再会し、

こんなタイミングで

それを叶えてもらうことになるとは、

夢にも思っておりませんでした。

 

人生の中の、偶然やタイミングの不思議さを思いますし、

そんな幸運に感謝なのです。

そもそも、

あの頃のあの学校での出会いに感謝なのでしょうけどね。

 

ただ、可哀想に思うのは、

今は立派な大人・社会人となっているあの子たちのこと。

 

いつまで経ってもその「関係性」は変わらず、

当時の生徒と先生のまま。

勿論、言葉遣いも。。

 

可哀想に…。笑

 

(つぶやき)

若社長も、若設計士も、若棟梁も、それはそれは仕事に情熱を傾け、精力的に頑張っている。教え子たちのそんな逞しい姿を目の当たりにした時、言いようのない嬉しさに包まれてしまいます。学校に居た時代だけではなく、何もできないくせに、その先も案じ気になってしまう。先生なんて、そんな人種なのかもしれませんね。

11.5 日本ハムの「KG」

 

日本ハムに入団が決まった

メジャーリーガーの加藤豪将(かとうごうすけ)選手。

 

新庄監督が考案した彼のニックネームは「KG」(ケージー)。

 

私、

今日から、

彼と日ハムを全力で応援することにしました。笑

 

皆さんも、

どうか、

KGを応援してやってください。

 

by KG

kamikoani.com

 

(つぶやき)

日ハムのKG選手のプロフィールを見ていてビックリ。何と誕生日が孫1号と同じだったのです!やっぱり日ハムのKGを精一杯応援します。笑

残暑がないまま11月になってしまったような気もしますが、気がつけば、紅葉もそろそろ終わりに近づいているようです。市内の山間の町の風景を1枚。ゆっくりと紅葉を眺める余裕もなく秋が過ぎていきます。

f:id:k1nta:20221105145952j:image