♯その日の気分

♪ お気楽・徒然・心のままに ♪

2.25 「香り」の効果?

 

昨夜の頭煮詰まり状態の後、

少々休憩を…と思い淹れたフレーバー珈琲。

 

その後、

何故か煮詰まり感がス〜っと消え、

深夜まで順調に

資料作りをすすめることができたのであります。

 

これは、「香り」効果?

「香り」には、こういう効果ってあり?

 

何とも不思議な夜でありました。

 

さて、今日は、

年老いたおふくろから、

茶碗蒸し用の器10客の調達、

及び、

眼科に出向いてのお薬もらいという、

二つの勅命が下り、

急ぎ、車を走らせました。

 

途中、何となく海が見たくなり、

国道下の港まで。

f:id:k1nta:20210225184413j:image

遠くに、キラキラした海も見えるのです。

 

お天気もよかったし、

やっぱり海は素敵でありました。

(勿論、勅命は仰せの通りに実現です。)

 

さっ、今夜も、

相棒PCと向き合います。

 

勿論、

今夜も、あの珈琲と共にです。

 

(つぶやき)

「香り」といえば、どうしても気になっていることがあるのです。少々大げさに言えばこの世を去る時までには何とか解決したいと思っていること。それは「この香りは一体何の香りだろう?」という疑問を解決したいということ。

今から30年程前のこと、初めてヨーロッパを旅した時の街中で、すぅ〜っととっても素敵な香りが漂ってきたのです。更には、別の町に行っても同様の香りが漂ってくることもあり、当時は、「あぁ、こういう香りがヨーロッパの香りなんだろうなぁ。」(笑)と、見える風景の素敵さに相まってそんな程度に思っていたのですが、ある日の東京でのこと、雑踏の中を歩いていると、スーッとその香りが漂ってきたのです。「えっ⁉️ヨーロッパ❓」と驚いて立ち止まってはみたものの、それがどこからの香りなのかはわからず仕舞い…。もしかしたら、行き交う人のコロンの香りだったのかもしれません。その香り、言葉では説明が難しいのですが、この鼻がしっかりと覚えています。その正体を突き止めるまでは、絶対にあの世には行けません!(笑)どなたか、こんなエピソードだけで、「それはこの香りだと思うよ!」と教えてくれないかなぁ…。無理ですよね、はい。笑

2.24 煮詰まり感

 

昨日まで読み込んでいた

中高生の作文の余韻が残る中、

 

今日から、本格的に、

高校での講演の準備に入りました。

 

ですが、

午前中から、

相棒のノートPCに向き合えど、

なかなか思うように進まず…。

 

更には、

10年選手の相棒が、

時折機嫌を悪くしてフリーズしたり。。

f:id:k1nta:20210224185902j:image

 

はぁ…。

 

今日は、

ぼやきで、

おしまいです。

ごめんなさい。

 

また、明日。

 

(つぶやき)

午前中にはこんな青空が広がっていたのに、午後からは冷たい風が吹き出し小雪すら舞ってきたのです。東北の春は、まだまだ遠いようです。

f:id:k1nta:20210224185835j:image

f:id:k1nta:20210224185847j:image

2.23 悪戯小僧のモンブラン風パンケーキ

 

本日、やっと、

作文コンクールの審査を完了し、

講評、総評も書き終えました。

 

正直、生徒さんたちの力作に順位をつけることは、

かなり難しいことでありました。

 

中・高校生諸君作文を届けていただいた時、

この数を読みこなせるだろうか…と思う程でありましたが、

時間はかなりかかりはしましたが、

一人ひとりの作文を、

丁寧に読み込んだつもりです。

 

生徒さんたちの心の中のことや

感覚の一端を知ることができ、

私的には、大変有意義、且つ、幸せな時間ともなったのです。

 

あとは、主催者サイドでの発表、表彰となっていきます。

 

今夜は、久しぶりに早く寝ることにします。

 

ということで、

今夜は、自家製の「梅酒」を、ロックで!笑

 

(つぶやき)

私の食べかけのパンケーキの上に「焼きそばの麺」をのせたのは、悪戯小僧の1号の仕業…。このイタズラ魂、何とかなりませんかね…。名付けて「モンブラン風パンケーキ」であります。笑

f:id:k1nta:20210223195124j:image

2.22 今日の陽気に誘われるままに

 

今日は、2月とは思えない程のポカポカ陽気。

 

そんな陽気に誘われるままに、

大ぶりの「めかぶ」を探しつつ、

ちょっとだけ隣町まで車を走らせたのであります。

(※めかぶとはワカメの根っこのような部位。コリコリ食感でとても美味しいのです。)

 

素敵な風景でしょ?

青空の下、

こんな海を見ると、とても心が落ち着くのです。

f:id:k1nta:20210222154523j:image

 向かった先は、気仙沼市の大島にある産直施設、

「気仙沼大島ウェルカム・ターミナル」

 

「ん?今日は平日だよなぁ〜?」と、思いつつ、

多くのバイカーともすれ違ったのです。(羨ましい…。)

 

それだけ、今日のこの陽気は、魅力的なのであります。

 

ここの産直では、お目当である大ぶりの「めかぶ」も、無事にゲット。

f:id:k1nta:20210222162809j:image

f:id:k1nta:20210222160552j:image

今夜は、湯通しした刻みめかぶと、炊きたての熱々ごはんであります! 笑

これがまた、最高に美味しいのです。

 

この施設の裏側には、海の見えるかなり広い芝の広場が広がり、

その中に、こんな光景も。

f:id:k1nta:20210222160716j:image

きっと、近所の仲良しさんなのでしょうね。

見ているこちらの方が、

ほのぼのとした安らぎを頂いたような

そんな気持ちになったのであります。

 

三陸道が湾を横断することになる気仙沼市

その長い橋(かなえ大橋)も完成し、

3/6には、仙台市宮城県)→宮古市岩手県)間が高速道で繋がります。

 

また、次作のNHK朝の連ドラも、この気仙沼市が舞台だとか。

 

ロケーションもよし、

海の幸も美味しい、

そして、人が優しい。

 

きっと、この春、夏、秋と、

この町は、ものすごい賑わいになるものと思います。

 

コロナが落ち着いたら、

是非、皆さんもお越しくださいね。

 

(つぶやき)

この施設の横には数軒の小さなカフェが建ち並びます。私は柄にもなくこんなものをオーダー。お店の人が、「大島産のブルーベリーなんですよ❤️」と、優しく声をかけてくれました。さり気ないこんな優しい言葉かけは、メニューをより美味しくさせてくれるようであります。

f:id:k1nta:20210222164309j:image

f:id:k1nta:20210222164716j:image

f:id:k1nta:20210222164409j:image

2.21 美味いもの三昧に感謝

 

今日は朝からよく晴れ、

「おはようございま〜す!」と、

爽やかな挨拶がしたくなるような朝でありました。

 

しかし、

1号、2号が起こしに来てくれたにもかかわらず、

 

私は、お寝坊…。

 

ということで、

ゆったりゆっくりの「ブランチ」と相成りました。

 

f:id:k1nta:20210221123030j:image

このパン、

昨日、「カモシー」で知人からお土産に持たされたもの。

ここのパン、とっても美味しいんですよ。

「BAKERY MAaLo」

f:id:k1nta:20210221123058j:image

f:id:k1nta:20210221123110j:image

そうこうしているうちに、

ピンポ〜ン!と宅配便が届き、

熊本は天草の恩人から、

こんな美味しそうなものが届いたのです。 

f:id:k1nta:20210221123128j:image

早速、

ブランチ後のデザートに食べてみましたが、

さすが南国天草、

甘く水々しいその味に、思わず唸ってしまいました。

 

実は、昨日は、

北海道からこんなものも届き、

f:id:k1nta:20210221123235j:image

ただただ、人の心のありがたさを

しみじみと感じるのであります。

 

人さまのお陰での

「美味いもの三昧」

 

多くの人たちから、

幸せを分けてもらっています。

 

感謝。

 

(つぶやき)

若いママのお母さんからは、私の大好きなフレーバー珈琲も届けていただいたのです。こんな田舎ではそんな珈琲を置いているお店がないもので、感謝感謝なのであります。

清見オレンジの「キヨミ」という響き、何故か好きなんです。心清らかで美しいと言いますか、品格とか清廉さを感じるといいますか。言葉の響きって不思議な魅力を持ちますものね。

2.20 生の息吹

 

こんな「息吹」を感じると、

ちょっとした希望が心に湧いてきます。

 

雪だらけだった裏庭に、

こんなちっちゃな生命を見つけました。

 

f:id:k1nta:20210220121024j:image

f:id:k1nta:20210220121037j:image

f:id:k1nta:20210220122033j:image

 

コロナだ、自然災害だ…と、

不安や心配ごとばかりの世の中になってしまっていますが、

 

生の息吹(気吹)を感じると、

どこか、

希望のようなものが心に湧き出してきます。

 

こんな息吹は、

子どもたちや若者たちの姿とも、どこかダブるのです。

 

大人の役目は、

こんな小さな息吹を

大事にしてあげること。

 

そんなことを思う

如月の朝でありました。

 

(つぶやき)

若い芽、希望だけに満ち溢れている訳ではないようです。大学に合格したり、就職が決まったりと、故郷を離れての見知らぬ土地での初の一人暮らし、そういった部分への不安も抱えているようです。けれど、今まで親に培ってもらった「球根」の中に、生きていくための力も間違いなく備わっているはずです。妙な不安に押しつぶされることなく、自信をもって、高く高くしなやかに伸びていって下さいね。君が選んだ道だし、大人たちも、みんなそうしてやってきたのですからね。大丈夫、大丈夫!

 

2.19 食欲と脳の関係

 

小さなチュンチュンにも食べてほしかったなぁ…。

 

わが家の小さな庭には

いろいろな小鳥たちがやって来ます。

f:id:k1nta:20210219135315j:image

 

今朝、朝食を食べていると

白黒の細身の鳥がいつものようにやって来て、

キョロキョロと何かを探す仕草。

 

「ど〜れ、いつものようにパンくずでもあげようかな。」と立ち上がると、

サーッと飛び立ってしまったのです。

 

きっとまたやって来るだろうと、

パンくずを少々まいていたら

やや大ぶりの鳥がやって来て、

少し離れたところにとまり

じっと様子を伺っているのです。

 

案の定、

私が姿を消すと、すぐさまやってきて、

あろうことか

撒いたパンくずを全部食べ尽くしてしまう彼。

 

白黒君にも、

小さなスズメちゃんたちにも食べてほしかったのになぁ…と思いつつ、

餌の少ない冬場、

みんな腹ペコなんだよなぁ…と、

いつもになく優しい気持ちで見つめておりました。

 

ちなみに、

一人で全部食べちゃった食いしん坊は、

この子であります。笑

f:id:k1nta:20210219122147j:image

 

みなさん、

TVでラーメンを食べているシーンを見ると、

無性にラーメンが食べたくなるってことはないですか?

 

という訳で、

こんな「爆食い君」を見ていたら、

無性に好物のチャーシューが食べたくなり、

急ぎスーパーに車を走らせ、お肉を購入。

(こんな時だけは、行動が早いのです!)

 

出来上がったのがこちらであります。

 

f:id:k1nta:20210219123148j:image

美味しくいただきました。

幸せでありました。笑

 

このKG手作りチャーシュー、

1号も2号も大好きで、

きっと、帰宅すれば、

あの「貪欲な鳥君状態」になるかもしれません。笑

 

(つぶやき)

昨夜はと言いますか、明け方までと言いますか、多くの中高生の作文と格闘していた私。そんな中、改めて、子どもの感性とか感覚の柔軟さや豊かさに驚かされたのです。やっぱり、若い子たちのセンスって素敵です。このことは、いつかまた書きますね。時間もかかり、ある意味大変ではありますが、とても充実した時間なのであります。

前述の私の食欲のこと、医学界にはこんな理論もあるのだそうです。

→脳は、燃料としてのカロリーを蓄えるのが得意ではないので、気合を入れて仕事に取り組むと簡単にエネルギーを使い果たしてしまう。そうなると胃に何が入っていようとも、食欲が刺激されてしまうのだ。

最近の私は、正に、これ。納得です!笑